退職代行サービスのテレビ放送での炎上は認知度アップの布石

退職代行サービスのテレビでの特集がどんどんと増えてきましたよね。

サンデージャポンでも取り上げられて、ゆきぽよさんが「必要ないサービス」と切り捨てたことでちょっとネットでは炎上しました。

目新しいサービスという事ですし、退職を告げられる会社側の人事担当や上司側のほとんどの人が、「仕事を辞めるなんて自分で言うべきだ」こんなサービスつかうなんて。。。と言う価値観の方が多いのも事実です。

逆に利用者は勤務歴が一年未満の若者が多いという事で、退職代行サービスについても4割の方が「自分が辞める時は使って見たい」と肯定的な意見が多いのです。

新しく目立ってきたこの退職代行サービス、またメディアで取り上げられると、賛否両論飛び交って、燃え上がるのでしょうか。

そうなるとどんどん認知度も上がり、退職代行サービス業界も盛り上がり、しいては転職業界もひと盛り上がりありそうですよね。

コメント