プログラマーを辞めたい!作業量は尋常じゃない場合は退職代行で!

プログラマーが会社を辞める時にも退職代行サービスは利用可能です。

コンピュータープログラミングを行うプログラマーといえば一見響の良い職業ですよね。

自由な社風、かっこいい勤務先、若い社員が多くて雰囲気もいい!などと想像して入社しませんでしたか?

ですが実際のプログラミングを行う会社のほとんどはその膨大な作業量やとんでもない納期に追われてたり、ちょっとしたミスでとんでもない責任を負わされたりと、会社によって大きく違います。

想像と違った、とんでもない会社に入ってしまった、などと後悔しても後の祭り。

ただでさえ少ない人員で回している仕事、自分だけ辞めたいなんて言いにくい。

そんなときは退職代行サービスに代わりに仕事を辞めることを伝えてもらいましょう!

当然会社に行く必要もないし、スッパリ辞める事ができますよ。

すぐに辞めるのはダメと言われていたけど大丈夫?

プログラミング会社を辞める時には3ヶ月前に絶対に報告すること!というのが業界の常識でしょうが、法的には2週間前なのです。

さらに今日今すぐに辞めたい!ということも「職業選択の自由」という憲法のもとに認められています。

雇用体系が社員でもアルバイトでも辞めることも何の問題もありません。

ただ、社長や上司が威嚇をして辞めにくくさせているだけなのです。

自分で会社を辞めると言えないならプロに代わりに伝えてもらう

退職代行サービスは「自分でプログラマーを辞めます」と言い出せない状況になっている人を助けてくれるサービスなのです。

第三者である退職代行サービスが会社や上司にあなたが辞めるということを伝え、あなた自身は会社に行く必要も、社長や上司に会う必要もなく、そのまま辞めることができるのです。

もちろん残っている給料も振り込んでもらうように言ってもらえます。

辞めたいプログラマーを助けてくれる退職代行サービス「SARABA(サラバ)」

「SARABA(サラバ)」は全国対応で利用可能な退職代行サービスです。

納期が迫っていてみんな殺気立っている、今自分がこの案件から抜けてしまったら他のプログラマーに迷惑をかけるという場合でも大丈夫です。

いつも作業に追われているのでこの状況が好転するなんてないですよね。

なら退職代行サービスに辞めるということを伝えてもらいましょう。

「SARABA」の運営会社は合同会社ゼロです。「SARABA」では、行政書士が退職代行の業務を行っており、税込2万9800でサービスが受けられます。さらに24時間対応可能で、依頼した当日に退職することができます。残りの給料の振込先を伝えたりする手続きにも対応してくれるので安心です。「SARABA」は電話代行の一環としてサービスを行っているので、日本全国どこでも対応可能ですよ。

退職代行サービス「SARABA(サラバ)」公式サイト

プログラマーを辞める、会社に報告するという事でメンタルをすり減らすのは時間の無駄です。私自身退職代行サービスを利用してプログラミング会社を辞めて本当によかったと思いました。

本当にすぐに辞めれるので相談してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました