仕事を辞める言い訳!引き止めに合わない方法

仕事を辞める言い訳はどうすればすんなりと辞めれるのか?

今まで僕自身、4回仕事を辞めましたが、その時にどのような言い訳をすればいいかということが分かってきました。

実際には、職場の人間関係だったり、思ってるより残業時間が長かったり、給料は安かったり色々な理由だと思います。

普通であれば

「僕にはこの仕事は向いていなので、辞めさせてください」

「勤務時間が長くて体調が悪くなるばかりです」

などと仕事を辞めたいと思った理由を正直に言うべきなのですが、この後ろ向きな発言でも仕事をやめる言い訳の場合、必ずすんなりと辞めることが出来ないのです。

マイナス思考な仕事を辞める言い訳

先ほどあげたように

「僕にはこの仕事は向いていなので、やめさせてください」と言い訳をすると

「もう少し頑張ればもっと仕事が楽しくなるよ、最初はだれでもそうだからもう少しがんばって」という返事がきます。

「勤務時間が長くて体調が悪くなる一方です」

「じゃあ勤務体系を考え直すので、体調がよくなるまで残業しなくていいよ」と改善案を提案されます。

そうなんです、マイナス思考な仕事をやめる言い訳を言うと、辞めさせたくない会社側や上司は絶対にそのマイナス点を改善するから頑張って続けようという引き止めをしてきます。

「いやそれでも辞めたいのです」と当然言い続けるのですが、辞められると困る会社側は執拗に引き留めてきます。

会社側の勤務体制や現状を変えれば仕事が続けられるのだろう、という発想で、正直引き止めしやすい言い訳なのです。

それではどうすればいいのか!

プラス思考の仕事を辞める言い訳を使う

仕事を辞める言い訳

「この仕事にも慣れてきて、ステップアップの資格取得のために学校に通います」

「将来自分で会社をやりたいので、現場、営業、経理、経営、すべての分野を順番に経験するために転職します」

このように前向きなプラス思考仕事を辞める言い訳を伝えた場合、会社や上司は引き止めの為に言える事は

「でも今辞められたら困る」

「そんな夢みたいなこと言ってないで現実を見ようよ」

と会社の改善ではなく、あなたの考え方や行動を制御しようとしてきます。

当然会社や上司はあなたの考えや行動を止めるような事はできませんし、前向きな退職理由の言い訳の場合は比較的に辞めやすいのです。

嘘でもいいのでプラス思考な会社をやめる言い訳を考えて話したほうがいいでしょう。

会社を辞める言い訳を考える事すらめんどくさい

もう言い訳なんて考えたくない、とにかく今すぐに辞めたいんだ、という方には、退職代行サービスを利用する事をおすすめします。

言い訳を考えること無く辞めることが可能です。

仕事を辞めると言う報告も退職代行が代わりに伝えてくれますし、その理由や言い訳もすべて代わりに伝えてもらうことができます。

会社や上司の引き止めにあうことも無いですし、会社に行かなくても、嫌いな上司合わなくても辞めることが可能です。

どうしても言い訳を考えるのが嫌だ、引き止めを受けるのが本当にストレスだ、という方は退職代行サービスに相談してみましょう。

びっくりするぐらいすぐに辞めることが出来ますよ

言い訳は任せれる!退職代行サービス『SARABA(サラバ)』

退職代行のサラバ

SARABAサラバの利用料金

職種関係なく一律
30,000円

SARABAサラバは正社員でも派遣社員でも、アルバイトやパートでも雇用形態に関係なく全て同じ料金の3万円です。

追加料金も発生しませんし、もし仮に退職できなかった場合は全額返金してもらえます。

会社に行く必要もなく、上司や社長に合わずに辞めることができます。

人気のおすすめポイントはコレ

  • 行政書士が対応
  • 追加料金も一切なし!相談回数無制限で税込価格3万円で退職代行してもらえる
  • 24時間対応で即日退職依頼も可能!ボーナス後は特に人気です
  • 退職できなければ100%全額返金対応
  • LINEで簡単問い合わせができる
  • クレジットカードで支払い可能
  • 退職後の転職サポートもしてもらえる

対応時間と即日退職は可能なのか?対応地域は?

SARABAサラバは24時間対応で電話相談を受け付けてもらえます。

辞めたいと思った翌日にもう会社に行きたくない!ということにも対処してもらえますし、実質の即日退社が可能です。

対応地域は日本全国です。電話での退職代行なので会社や住んでいる場所は問いません。

SARABAサラバの申し込み方法

  • メール
  • 電話
  • LINE

SARABAサラバに今すぐ申し込む

会社をやめる言い訳のまとめ

実際に仕事を辞めたいときに上司が社長に退職の報告をする場合、絶対に「なぜ辞めるのか、どうして退職したいのか」ということを絶対に聞かれます。

法律上の事を取り上げると、職業選択の自由のもとに、退職する理由を伝える必要は全くありません。

ですが実際は何も言うことなく辞めてしまうのは難しいのです。

言い訳を上手にする自信がないという方は自分が俳優になった気分でプラス思考の言い訳を述べてみてください。

どうしても無理だという方は、先ほど紹介した退職代行などを利用するといいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました