キャバ嬢を辞めさせてくれない!そんなときは退職代行サービスにSOS

キャバ嬢がお店を辞める時にも退職代行サービスは利用可能です。

人気のキャバ嬢になると毎月の売り上げ金額も大きくなり、店舗に影響を与え出して簡単にお店を辞めにくくなってきますよね。

オーナーや店長からの引き止めは当然に発生します。

ですが、客のストーカー行為や水商売独特な周りの女の子の嫌がらせなど、今すぐにでも辞めて別のお店に移りたい!という方が本当に多いのです。

そんなキャバ嬢を辞めたい、他のお店に移りたい、という時に店に行かずに飛んでしまうと結構な恨みを買ったり、罰金を支払え!というお店もたくさんあります。

法律的にはそんなことまかり通るわけないのに、罰金制度が普通になってしまっているんですよね。

そんなときは退職代行サービスに代わりにお店を辞めることを伝えてもらいましょう!

当然店に行く必要もないし、スッパリ辞める事ができますよ。

退店は1ヶ月前と言われていたけど大丈夫?

キャバ嬢を辞める時には1ヶ月前に絶対に報告すること!というのが水商売の常識でしょうが、法的には2週間前なのです。

さらに今日今すぐに辞めたい!ということも「職業選択の自由」という憲法のもとに認められています。

雇用体系が社員でなくアルバイトであるキャバ嬢であれば即日でお店を辞めることも何の問題もありません。

ただ、オーナーや店長が威嚇をして辞めにくくさせているだけなのです。

自分でキャバを辞めると言えないならプロに代わりに伝えてもらう

退職代行サービスは「自分でお店を辞めます」と言い出せない状況になっている人を助けてくれるサービスなのです。

第三者である退職代行サービスがお店にあなたが辞めるということを伝え、あなた自身は店に行く必要も、店長に会う必要もなく、そのまま辞めることができるのです。

もちろん残っている給料も振り込んでもらうように言ってもらえます。

キャバクラなどのお店は何かしらの探られたくない部分があるので、法律家や専門家が出てくると本当に素直に辞めさせてくれるのです。

営業時間や女の子の年齢、未成年の飲酒や脱税、キャッチ行為など探られたくない腹がたくさんあるのです。

退職代行サービスもその辺りを熟知しているので、キャバ嬢をすんなり辞めれるようにしてくれるのですよね!

辞めたいキャバ嬢を助けてくれる退職代行サービス「SARABA(サラバ)」

「SARABA(サラバ)」は全国対応で利用可能な退職代行サービスです。

売り上げが多い人気キャバ嬢はお店の経営にも影響を及ぼすし、店長やボーイに嫌がらせをされている場合や、お客にセクハラされている場合など、自分で仕事を辞めるとは言い出しにくいですよね。

お店の独自のルールで1ヶ月前に退店は報告すること!などと決められていたり。

辞めようと思っているお店で1ヶ月も働き続けるのは苦痛ですよね。「SARABA」なら、思い立ったその日にキャバクラを辞めることができます。

「SARABA」の運営会社は合同会社ゼロです。「SARABA」では、行政書士が退職代行の業務を行っており、税込3万円でサービスが受けられます。さらに24時間対応可能で、依頼した当日に退職することができます。残りの給料の振込先を伝えたりする手続きにも対応してくれるので安心です。「SARABA」は電話代行の一環としてサービスを行っているので、日本全国どこでも対応可能ですよ。

退職代行サービス「SARABA(サラバ)」公式サイト

キャバ嬢を辞めるという事でメンタルをすり減らすのは時間の無駄です。私自身退職代行サービスを利用してキャバを上がって本当によかったと思いました。

本当にすぐに辞めれるので相談してみてくださいね。

コメント