スーパーの接客業の店員を辞めたい場合は退職代行にお願いしましょう。

スーパー接客の仕事を辞めたかった理由

一番の理由は拘束時間が長すぎる事です。

どこのスーパーや接客業でもそうだと思うのですが、シフト制の勤務でした。

スーパーの営業時間が働いていた当時は朝10時〜夜23時までの営業だったのですが、 入る時間は1番忙しい時間がほとんどでした。

例えばお昼頃、夕方の忙しい時間です。

休憩時間を2〜3時間で設定されていました。

休憩が長い分、勤務時間は規定通りになるようになっていました。

ですが休憩がそんなにあっても正直、そもそも自宅ではないですし、遊びに来ているわけではないのでやる事もなく、拘束時間が長くなり苦痛でした。

長い休憩と短い休憩と基本的に2回あったのですが、1回目の休憩は2〜3時間とられたりとスーパー側の都合で長くとられるのに対し、6時間以上業務を行なっていても2回目の休憩は忙しいから取れない、または忘れていた、とない事もありました。

また、上司が威圧感があり、強めな方で「このくらい普通」というような考えなところが私にはストレスとなり、純粋に自分には合わないなとなり、辞めました。

スーパーの接客業を辞めにくかった原因は?

辞めにくかった原因、というよりなかなか辞められなかった原因になります。

2点あります。 1点目は基本的に人員不足で、自分が辞めてしまうと、人員が足りなさすぎて他の人の負担が増えてしまうと上からも言われていた事です。

そう言われるとなかなか辞めづらく、また、辞めたいと言ってもかなり説得され、辞めるのを先延ばしにされるという状況でした。

確かに人員不足ではあり、一緒に仕事をしている人の負担がこれ以上増えると思うと私自身、周りの負担を考えてしまい、結局辞めるのを伸ばしてしまい、なかなか辞めることができませんでした。

2点目は報連相不足です。

1度いついつまでに辞めたいですと上司に伝え、その方向でお話が進んでいると思っていたのですが、その上の上司の方にその話が伝わっていませんでした。

結局話が伝わっていないという事で、その期間には辞めることができませんでした。

私自身も話を伝えていただいていると思っており、辞める予定だった日が近くなるまでしっかりした確認をとっていなかったのも悪かったのかなとも思いますが、なかなか辞めれずに苦労しました。

スーパーの接客業の退職も得意!退職代行サービス「SARABA(サラバ)」

「SARABA(サラバ)」はスーパーの接客業の退職でも利用可能な退職代行サービスです。

普通なら会社を退職する場合、所長や上司に相談をし、現場仕事の引継ぎや人数確保ができてからなどの調整の目処がついてから辞める、などと最低でも2週間程度かかりますよね。

ですがもう限界まで頑張ったあなたは、辞めようと思っている会社では1日でも出勤するのは苦痛ですよね。正直嫌がらせをされるかもしれないし。

「SARABA」なら、思い立ったその日に会社を辞めることができます。

サラバは行政書士が退職代行の業務を行っており、業界最安価格の税込3万円でサービスが受けられますよ。

さらに24時間対応可能で、夜勤の終了時間後の深夜でも受付相談可能で、

依頼した当日や翌日の朝の出勤時間までに退職することができます。

離職票や保険証などの手続きにも対応してくれるので安心ですよ。

最後の給料の請求までしっかり対応してくれます。「SARABA」は電話代行の一環としてサービスを行っているので、日本全国どこのスーパーマーケットでも対応可能です。

退職代行サービス「SARABA(サラバ)」公式サイト

まとめ

就職するのは比較的簡単な小売業の業界ですが、いざ辞めるとなると色々なしがらみで本当に辞めにくいというのも事実です。

狭い空間での人間関係や同僚とのトラブル、心ない利用者さんの罵声などを受けてしまうことも多いでしょう。

このままスーパーの業務の仕事を続けていても自分が鬱になってしまうと少しでも感じたら、できるだけ早く退職への行動をとりましょう。

どうしても自分で言い出せないという場合は退職代行サービスに相談するとストレスなく仕事を辞めることができますよ。

コメント