自衛隊でも退職代行サービスは利用可能なのか?引止めに会わずに辞める方法

自衛隊を辞める時に退職代行サービスを利用することはできるのかどうか知りたい!という方。

数ある仕事のなかでもかなり特殊な自衛隊という組織、自分から「辞めたい」ということを上官に伝える事は本当に大変ですよね。

毎日の訓練がもう耐えられない、先輩や上官が耐えられないくらいうっとうしい、集団生活や連帯責任などの厳しい規則から解放されたい、いじめがひどくて耐えられない、など辞めたい理由はたくさんあると思います。

実際に自衛隊を辞めようと決断しても、100パーセント引き止めに会うということが想像できますし、辞めるということを言ってしまうと、絶対に嫌がらせをされるということで言い出せずにいませんか?

自分で辞めるということを伝えられない場合、退職代行サービスを利用することで背中を押してもらうことが可能です。

国家公務員の中でも特殊なパワーバランスで成り立っている自衛隊、除隊するときには「辞令交付」が必ず行われるので上官に顔を合わせることなくやめるという事は出来ませんが、辞めるという意思を伝えるには退職代行サービスを利用するというのはストレスのない方法です。

たった3万円で命が救われる

自衛隊を辞める時に退職代行

自衛隊を辞めたいという場合、ほとんどの方がかなり追い詰められた精神状態になっています。

理不尽な叱責や、過酷な環境での野営、逃げたくなる検閲や、将来に対する不安など様々な理由でうつ状態やその直前の状態になっています。

さらに周りの環境や先輩や上官のマインドコントロールで冷静な判断ができないという状況になっている場合も多いのです。

「自衛隊でケツを割ってるのに民間でなんて働けないぞ」

意味不明な追い込みや、辞めさせてしまうと自分の責任になってしまうと思い込んでいる先輩や上官の引き留めが、今まで数多くのうつ病の発症や自殺者を生んでしまっている現状もあります。

自衛隊だから辞められない、どうしても上官に逆らえないと我慢していると自分もこの道をたどることになるかもしれません。

辞めたい、今すぐに逃げ出したいという気持ちは正直で、体にも蕁麻疹や痩せるなどのサインが出てきてるはずです。

どうしても自分で言い出せない、もう何ヶ月も我慢しているという場合には退職を言い出すきっかけとして退職代行サービスに相談しましょう。

たった3万円で自衛隊を辞める為の道を開いてくれ、大げさに言えば命を救ってくれるかもしれません。

自衛隊でも退職代行サービスが利用可能

自分で自衛隊をやめるということを言い出せない方、今すぐに退職代行サービスに相談しましょう。

もちろん自衛隊でも退職代行サービスは利用可能です。

脱柵など逃げてしまうという方法もありますが、家族に連絡が入ったり心配をかけてしまうので正面から立ち向かうことが大切です。

退職代行を利用すればいちばんストレスかかる「辞めたい」という意思表示を代わりに伝えてもらえます。

先ほど挙げたように、国家公務員である自衛隊はどうしても辞令交付式か退職の際にも必要になります。

この辞令交付を代行することはできませんが、それ以外の仕事を辞めることに関する希望や言いたいことを代行して伝えてもらえます。

自分で直接話すということをしなくていいので本当に辞めやすいのです。

おすすめの退職代行サービス

自衛隊の退職代行を過去に取り扱ったことがある業者をご紹介します。

追い詰められて危険な行動起こす前に思い切って連絡してみましょう。

自衛隊でも利用可能!退職代行サービス『SARABA(サラバ)』

退職代行のサラバ

SARABAサラバの利用料金

職種関係なく一律
30,000円

SARABAサラバは国家公務員である自衛隊で階級も関係なく全て同じ料金の3万円です。

追加料金も発生しませんし、もし仮に退職できなかった場合は全額返金してもらえます。

人気のおすすめポイントはコレ

  • 行政書士が対応
  • 追加料金も一切なし!相談回数無制限で税込価格3万円で退職代行してもらえる
  • 24時間対応で休日の退職依頼も可能
  • 退職できなければ100%全額返金対応
  • LINEで簡単問い合わせができる
  • クレジットカードで支払い可能
  • 退職後の転職サポートもしてもらえる

対応時間と即日退職は可能なのか?対応地域は?

SARABAサラバは24時間対応で電話相談を受け付けてもらえます。

自衛隊員の場合は退職の辞令交付が必要なので誰にも会わずに辞めることはできませんが、退職に関するノウハウを教えてもらえます。

対応地域は日本全国です。電話での退職代行なので勤務地は問いません。

SARABAサラバの申し込み方法

  • メール
  • 電話
  • LINE

SARABAサラバに今すぐ申し込む

まとめ

自衛隊を退職する時には先輩や同期の引き止めが絶対にあります。

もちろん承知でしょうが、あなたの人生を決めるのはあなたです。先輩も同期も責任なんて持ってくれません。

今ここで辞めてしまわないとおかしくなってしまうという判断はあなたにしか出来ません。

決して辞めることを勧めているわけではありませんが、貯めると決断した時の助けになれば幸いです。

退職代行サービスの情報はなかなか自衛隊での生活で入って来にくいかもしれませんが、現在日本国内では認知されているサービスです。

仕事を辞めることをサポートすることに特化しているこのサービスを利用することで、スムーズに退職することができるので、辞めにくい自衛隊員の方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました