建設業を辞める時に退職代行は使えるのか?利用件数が多いのがこの業界!

退職代行サービスを一番利用している人が多い業界は「建設業」なのです。

建設業関係は現場仕事で肉体的にも辛いということが考えられますが、上司や親方、社長などが完全にワンマン経営者で、ついていけないし、耐えられないという理由での退職希望者がものすごく多いのです。

さらに建設業辞めたい現場作業員、現場監督、共通して言える事は休みが極端に少ないということなのです。

工期が迫ってくると、土曜日、日曜日の出勤は当たり前で、残業も当然のように働くこととなります。

特別出勤の手当や残業代などもまともに貰えないし、体と心の浪費が続くばかりなのです。

社長がガテン系で怖くて自分で仕事を辞めることを言い出せない、という理由で退職代行サービスを利用する方が一番多いのもこの業界です。

建設業でも退職代行サービスは利用可能

建設業でも退職代行サービスは利用可能

もう明日から現場に行きたく無い、今すぐにでも辞めたいという場合には退職代行サービスを利用すれば誰にも会う事なく、建設現場の仕事を辞めることができます。

先ほどもあげたように、退職代行サービスで1番利用されている業界は建設業界なのです。

勤務時間や、給料を考えた時にブラック企業と呼ばれる体質の会社が多いのもこの建設業界の特徴です。

退職代行業者はこの建設業での退職代行の取り扱い件数がずば抜けて多く、たくさんのノウハウを持っています。

怒鳴ってくる社長なんて何度も相手にしているのです。

あなた自身は職場に行く必要もないですし自分で仕事を辞めるということを社長に言う必要もありません。

すべて退職代行会社が代わりに仕事を辞めるまでのサポートをしてくれるのです。

実際に退職代行利用して建設業をやめて体験談

私は実際に建設作業員をしていたのですが、ほとんどの現場で工事が遅れるのは当然で、週休2日だと聞いて就職したのですが、実際には土曜日は毎週仕事で、日曜日も月末や工期が迫ればほとんどが出勤でした。

社長に休みたいなどと言い出せる雰囲気ではなく、現場作業員の全員が笑顔もなく奴隷のように働く毎日でした。

それでも給料がよければ仕事も頑張れるのですが、実際は手取り給料は20万円にも届きませんでした。

毎日朝7時から夕方5時のはずが、残業残業で家に帰ると10時を回るなんてこともしょっちゅうでした。

家帰って寝るだけの生活が続き、体調も悪くなってきたので「このままでは将来がない」と感じて仕事を辞めることにしました。

面と向かって社長に仕事を辞めるっていうのは怖すぎたので、ネットで知った退職在校サービスを利用したのです。

ちょうど現場と現場の切り替わりのタイミングだったこともあり、月曜日の現場の出勤がどうしても嫌だったので退職代行に相談し、仕事を辞めたのです。

実際にあの会社を辞めれるのかどうかびびりまくっていましたが、LINEで細かく進捗状況教えてくれ、1番恐れていた社長が家に怒鳴り込んでくるというような事もありませんでした。

それどころか想像以上にすんなり辞めることができ、なぜもっと早く利用しなかったんだろうと思ったほどです。

建築系で本当に仕事を辞めようと悩んでいる方は是非一度相談してみるべきではないでしょうか。

実際に退職代行利用した建築業界の29才男性の実際の体験談です。

建設業界の退職代行に強い業者

建設業での退職代行の取り扱い件数が多く、実際に退職実績がほぼ100パーセントとなっている退職代行サービスはこちらです。

建設業界の退職も得意!退職代行サービス「SARABA(サラバ)」

「SARABA(サラバ)」は建設業でも利用可能な退職代行サービスです。

普通なら会社を退職する場合、社長や上司に相談をし、現場仕事の引継ぎや人数確保ができてからなどの調整の目処がついてから辞める、などと最低でも2週間程度かかりますよね。

ですがもう限界まで頑張ったあなたは、辞めようと思っている会社では1日でも出勤するのは苦痛ですよね。嫌がらせをされるかもしれないし。

「SARABA」なら、思い立ったその日に会社を辞めることができます。

サラバは行政書士が退職代行の業務を行っており、業界最安価格の税込3万円でサービスが受けられますよ。

さらに24時間対応可能で、現場の終了時間後の夜でも受付相談可能で、

依頼した当日や翌日の朝の出勤時間までに退職することができます。

離職票や保険証などの手続きにも対応してくれるので安心ですよ。

最後の給料の請求までしっかり対応してくれます。「SARABA」は電話代行の一環としてサービスを行っているので、日本全国どこの建設会社でも対応可能です。

退職代行サービス「SARABA(サラバ)」公式サイト

まとめ

今現在人手不足も影響してかなり厳しい労働環境と言われている建設業界、現場作業員や現場監督の労働環境は決していいものとは言えません。

建設現場という小さい世界の中で起こるパワハラ、精神的、肉体的な限界までの追い込みなど、本当に今すぐ辞めないとおかしくなってしまう!という人は全国にたくさんいます。

直属の上司や親方が怖くて辞めるなんて言い出せない、勇気がなくて何ヶ月も我慢してきた、そんな方は退職代行サービスを利用して次の人生を踏み出しましょう。

コメント